タンパク質不足が薄毛の原因!?

1.タンパク質とは何か?

タンパク質不足が薄毛の原因!?

タンパク質は体の一部を構成する重要な栄養素でして、筋肉、臓器、血液、細胞などの体に重要なパーツを構成する構成する非常に重要な栄養素です。ボディービルダーが筋力トレーニング後にプロテインを摂取するのをご存じだと思いますが、プロティンは筋肉を組成する非常に重要な栄養素です。ビルダーはトレーニング後にプロテインを良く飲んでいます。ビルダーのみならず格闘選手は体つくりの為にプロテインをかなり摂取します。

植物性と動物性の2種類に分けられます。動物性の成分は吸収率が良いですが、脂肪酸コレステロールが多く含まれていますので、取り過ぎると脂肪がたまってしまいます。動物性の成分は牛乳、肉類、お魚類にふくまれています。

植物性のタンパク質は吸収性が劣りますが、血中コレステロールを下げる働きがあります。動物性のものよりカロリーが高くないので、体にも優しいと言われています。豆腐、大豆、納豆などの穀類に含まれています。

2.タンパク質はどのくらい必要なのか?

タンパク質不足が薄毛の原因!?

栄養学的に言えば、体重1kgに対して1gと言われています。体重が60kgの人ですと60gと言われています。臓器を構成するための重要な栄養素です。本当に大切な栄養素ですので、なかなか毛髪には行き渡らないのが現状のようです。体内の臓器に集中的に配分されます。必要な栄養分を確保するためには日頃の食生活を真剣に改善する必要がありますね。日常ではパン、うどんなど炭水化物は結構とる機会はありますが、タンパク質は炭水化物ほど採る機会はないかもしれませんね。

3.吸収させるには何が必要なのか?

摂取されたタンパク質は残念ながらそのまま体内に吸収されません。髪を作るケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできています。体内に入るためにはアミノ酸にいったん分解される必要があります。

体内に入る作用をサポートするための栄養素。それが別の項で説明されるビタミンなのです。

Top